自然、文化、健康でことたりる人生。

つつましく、面白く生きたいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

鎌倉幕府を支えた神様!銭洗いの聖地・宇賀福神社(うがふくじんじゃ)(神奈川県鎌倉市)

f:id:kenkobit:20200105002931j:plain

鎌倉駅から歩いて30分ほどの所にあるこの洞窟のような入り口から入るのは鎌倉屈指のパワースポットとして知られる宇賀福(うがふく)神社です。「銭洗い弁財天」としても有名で全国から金運を求めて参拝客が訪れます。年末の極寒の長野を逃れ、寒さも穏やかな鎌倉の地を訪ね、銭を洗いに行ってみました。

 

 

 

 

 

御祭神

先ほどの鳥居をくぐりトンネルを抜けます。異世界への入り口を思わせます。

f:id:kenkobit:20200105002956j:plain

 

トンネルを抜けると谷の中に境内が広がっています。

f:id:kenkobit:20200105003020j:plain

 

そしてこちらが本宮です。御祭神は市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)が祀られています。

f:id:kenkobit:20200105003050j:plain

 こちらの神社の起源は以下の通りです。

源頼朝は平家を討ち1183年鎌倉幕府を樹立しましたが、永い戦乱によって困窮した民の生活を憂い、日夜神仏に祈りを捧げていました。すると、巳(み)の年の1185年、巳の月、巳の日に頼朝公の枕元に老人が現れ、「西北の方向に神の住む地があり、そこに泉が湧いています。その水を使って神仏を祀れば人々に自然と信仰心が起こり、悪鬼、邪気も退散して国内はすぐに平安に治まるでしょう。私はその地の主、宇賀福(うがふく)です。」と言って姿を消したそうです。目を覚ました頼朝公はお告げの通り西北の谷に泉を見つけ岩に穴を掘り、宇賀神(うがじん)を祀り、泉の水で供養を続けました。すると、国中は静かになり人々は富み栄えるようになったそうです。

 

上記の通りなら御祭神は宇賀神ですがこちらの御祭神が市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)なのはなぜでしょう。

 

宇賀神とは半身半蛇の神様です。枕元に現れたのが巳(み)の年、巳の月、巳の日だったのは宇賀神が白蛇の化身だからです。(巳は蛇の意味。)写真は東京の不忍池弁天堂(しのばずのいけべんてんどう)にあった宇賀神像です。

f:id:kenkobit:20200105003233j:plain

宇賀神はこのような姿をしています。(顔が若い女性の場合もあり。)

日本の神様は神仏習合の流れの中で仏教の神様と結びつけられていきます。共通点は少ないですが日本発祥の宇賀神も仏教の神様・弁財天も水の神とされているためこの二つの神様が結びつけられたのかもしれません。下の写真は宝厳寺の弁財天像ですが、頭に宇賀神が乗っています。このように宇賀神が頭に乗った弁財天像は各地にみられます。

f:id:kenkobit:20200105003248j:plain

Wikipediaより転載   宇賀弁才天坐像 宝厳寺蔵

by  663highland

 

ではなぜ御祭神が宇賀神でも、弁財天でもないのか。それは明治の廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)運動の影響で、明治初期は神道の復権の勢いが強く、仏教が虐げられた時代だったため、神道の神様に仕立て直すお寺が多くありました。仏教の神様・弁財天と神道の神様・市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)は同じ水辺を守る女神だったため、同一神とされることもあり明治以降、市杵島姫命が宇賀福神社の表立った御祭神に選ばれたようです。

 

ややこしい。

 

 

銭洗いの起源

1257年、時の執権・北条時頼(ほうじょうときより)は頼朝公の信仰を受け継ぎ、宇賀福神社を信仰しはじめ、人々にも参拝を奨励しました。するとその時の信仰者が金銭を洗い清め、同時に心身を清め、行いを慎めば不浄の垢が消えるとして率先して持っているお金を洗い清め一家繁盛、子孫長久を祈りました。それが「銭洗い弁財天」の起源と伝えられています。ネット上には北条時頼が銭洗いしたのが起源との記載もありましたが、神社の由緒書きでは上記のような説明になっていました。

いずれにしても700年以上も前から大切にされている歴史のある銭洗いの井です。鎌倉時代の人と同じことしてるんだなあと思うと何だか面白いです。

 

 

 

銭洗いの方法

宇賀福神社の銭洗いは独特の作法があります。まず小さいロウソクと線香のセットを100円で購入し、下のざるをお借りします。

f:id:kenkobit:20200105003304j:plain
 

大きいロウソクの火を使い購入した小さいロウソクに火をつけ写真のように立てます。

f:id:kenkobit:20200105003457j:plain

f:id:kenkobit:20200105003358j:plain

 

先ほどの大きいロウソクでお線香にも火をつけ線香立てに刺し、その煙を浴び身を清めます。

f:id:kenkobit:20200105003438j:plain

洞穴の中に奥宮があります。ここに弁財天様が祀られているので参拝します。

f:id:kenkobit:20200105003417j:plain

 

こちらが奥宮。賽銭の前にざるをひとまず置く台も用意されてます。

f:id:kenkobit:20200105003526j:plain

 

柄杓の置いてある台にざるを置き、お金を入れ、台の下に湧いている鎌倉五名水のひとつに数えられるこのご神水を柄杓で何度かお金にかけます。後は濡れたお金をハンカチで拭いてお財布にしまい、ざるを左にあるかごに返却すれば終了です。このお金を使えば何倍にもなって返ってくると信じられています。

f:id:kenkobit:20200105003601j:plain

 

お札の場合は隅っこを濡らして拭くだけでOKです。ただ、神様に強欲がばれるので小銭の方がいいと思います。本来、不浄を消すための銭洗いだということも忘れないでください。弁財天様は目の前で見ています。

f:id:kenkobit:20200105003704j:plain

 

といいつつ・・・。

 

f:id:kenkobit:20200105003618j:plain

ちなみに銭洗いは巳(み)の日が特に効果があると言われています。巳の日は12日に一回巡ってきます。

 

令和2年(2020年)の巳の日は

1月3,15,27

2月8,20

3月3,15,27

4月8,20

5月2,14,26

6月7,19

7月1,13,25

8月6,18,30

9月11,23

10月5,17,29

11月10,22

12月4,16,28

となっています。

 

 

 

末社も忘れずに

 

階段を上った少し高い所にあるのが上之水神宮(かみのみずじんぐう)には水波売神(みずはのめのかみ)という水の神様が祀られています。

f:id:kenkobit:20200105003640j:plain

 

こちらは下之水神宮(しものみずじんぐう)で同じく水波売神(みずはのめのかみ)が祀られています。

f:id:kenkobit:20200105003727j:plain
 

横には一条の滝が流れ落ちています。

f:id:kenkobit:20200105003820j:plain

 

こちらは七福神社。その名の通り七福神が祀られています。

f:id:kenkobit:20200105003839j:plain

 

他にもまだまだ見どころがあるので境内を探索してみてください!

 

 

おすすめのお守り

宇賀福神社の名物として茄子のお守りが有名だそうですが、わたくしは金のカード型お守り一択なのでこちらを推薦します。

f:id:kenkobit:20200105003901j:plain f:id:kenkobit:20200105003931j:plain
金のカード型守りのコレクションは画面右のカテゴリー「メタルカードお守り」をクリックしてみてください。

 

アクセス

鎌倉駅から歩いて20分くらいです。タクシーだと片道初乗り740円で行けました。(2019年1月時点)

以上宇賀福神社のレポートでした。絶対行きたいと思っていた神社に行けて、銭も洗えて大満足の旅でした!

 

長くなりましたが最後までご覧いただきありがとうございました!