自然、文化、健康でことたりる人生。

つつましく、面白く生きたいです。

頑張ります!→ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

七五三は貴族の儀式? その起源を探る。

11月中頃になると境内が七五三のお子さんでにぎわいます。子供の健康と成長に感謝し、幸福と長寿を願う行事ですがその起源は一体どこにあるのでしょうか?調べてみました。

 

f:id:kenkobit:20201111193856j:plain

(長野県下諏訪町 諏訪大社春宮 11月)

起源は平安時代とされています。当時子供は小さいうちに亡くなってしまうことが少なくなかったため、成長の一歩一歩をお祝いし、さらなる健康を願っていました。特に数えで7・5・3歳の時の儀式が重んじられ、その名残が七五三の起源となりました。その儀式とは以下の3つの儀式です。

3歳・髪置(かみおき)

平安時代末期ごろから宮中や公家で行われていた儀式です。この頃は三歳までは男女とも髪をそっていたそうで、そうすることによって元気な髪の毛が生えてくると信じられていました。(ひげ剃るとひげが濃くなるよっていう迷信?もここからきているのでしょうか?だとしたら、ひげに歴史を感じてしまいます!)髪置(かみおき)の儀とは三歳になって初めて髪を伸ばせるようになったことを祝う行事で、真綿を頭の上に載せ左右にすくという行事です。真綿は白髪に見立てていて、白髪が生えるまで長生きできますようにという思いが込められているそうです。

 

 

5歳・袴着(はかまぎ)

5歳になり初めて袴をつける儀式です。最初は男女ともに行っていたそうですが、江戸時代ごろから男児の風習となったようです。袴を着て、吉方を向き、碁盤の上に乗る行事で、袴を着ることは大人の仲間入りすることを意味し、碁盤は戦いの場、つまり社会を象徴し、それに乗り上がることでどんな場面でも乗り越えられるようにと願いが込められています。こちらも最初は平安貴族の間で始まり、後に武家・庶民に広がっていったようです。

f:id:kenkobit:20191206214450j:plain

 こちらは12月頃、永田町の日枝神社の境内で見かけた碁盤。お子さんたちが上に乗って写真を撮れるようになっていました。この子供たちも、社会の荒波を乗り越える立派な大人になることでしょう。大人の私も乗りたいぐらいです・・・。(もう遅い。)

 

 

7歳・帯解(おびとき)

 帯解きは女の子が子供用のひも付きの着物をやめ、大人と同じように帯をつけるようになる儀式です。この日からは一人で帯を結べるようになり、大人の仲間入りをするという意味があります。

 

こう見てくると、一つ一つの行事に早く子供に自立させたい、早く立派な大人にさせたいという思いがこもっているのを感じます。元服(昔の成人式)の儀式が数えで12~16歳の間に行われるのも、同じようにそういった気持ちの表れなのかもしれないですね。

 

今は家族で参拝したり、祈祷をしたりするだけになっていますが、現代のような形で一般の人たちが七五三を行うようになったのは江戸時代以降です。 ただ上の三つの儀式の名残りも残っていて、男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳に氏神様にお参りに行く地域が多いようです。(地域によっては男の子は5歳だけのところもあるそうです。)

 

 

 

なぜ11月15日なのか

一応、七五三は11月15日とされているようです。今では日にちの近い土日祝日なども神社は七五三でにぎわいます。細かい決まりはないようですが、11月15日とされているのはなぜなのでしょうか?

諸説あるようですが、江戸幕府・5代将軍徳川綱吉が旧暦11月15日に体の弱かった長男・徳松の健康を盛大に祝ったことからこの日にちになったと言われています。また、その旧暦の15日が選ばれたのは「二十八宿」という中国で用いられた思想の「鬼宿日」(鬼が歩かない日)とされ、何事をするにも吉とされていたためとされています。江戸時代以前は11月15日じゃなかったんですね。

 

 

千歳飴の起源は?

千歳飴は江戸時代に浅草の飴売り・七兵衛が売り出し、流行したのが始まりだそうです。細長い形をしていることから長寿を願う縁起ものです。ただ、地域によっていろいろな形があり、短いのもあるようですが、気にしないでください。お参りすることに意義があります。

 

 

以上、七五三の起源についてまとめてみました。もともとは貴族の儀式であったものが形を変えて庶民に伝わってきたんですね。

最後までお読みいただきありがとうございました!!