神様との縁を深くする!知識で楽しむ神社と遺跡の歩き方。

神社参拝や各地の旅行が楽しくなる情報を集めています。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

たたら製鉄でしか作れない鉄の魅力。

ヤフーニュースで岡山県新見市でのたたら製鉄を再現するという体験学習会が開かれたというニュースを見ました。

古代の製鉄の重要性を考えているところだったのでドンピシャで頭の中に飛び込んできたので、古代のたたら製鉄について調べてみました。

Japanischer Tatara-Ofen mit Flügelgebläse (18 Jahrhundert).jpgたたら製鉄における踏み鞴(ふいご)による送風作業(『日本山海名物図会』所載)。

Wikipediaより転載

 

「たたら製鉄」は古代から江戸時代ぐらいまでかけて主に行われていた製鉄法です。「たたら」とはアコーディオンの蛇腹の所の原理のように空気を送り込む装置「ふいご」のことですが、たたらそのものの語源はタタールから来たからなど諸説あり、正確なところは不明です。木炭と一緒に砂鉄や鉄鋼石を加熱して炭素と鉄以外のものを高温で結合させることで鉄のみを溶かし取り出す方法です。炉の火力を上げるためにふいごで空気を送り込むのです。今の溶鉱炉よりも比較的温度が低いため、刃物にとって有害な不純物が混ざりにくく純度が高くなります。その結果たたら製鉄の鉄は固く曲がらずさびにくい性質を持ち、刃物にした際は研磨しやすく、日本刀においては波紋がきれいにつくという特徴があります。日本刀づくりには欠かせない素材とされているのですが、圧倒的に労力とコストがかかるので一時はすたれてしまいました。しかし、日本刀などの文化保全のためにその技術の継承が必要だという声が上がり今は一部で復活しているそうです。

f:id:kenkobit:20191101205550j:plain f:id:kenkobit:20191101205553j:plain

 

f:id:kenkobit:20191101212721j:plain f:id:kenkobit:20191101212731j:plain


 

古代においては製鉄は権力を左右するほどの重要な技術で、武器の生産による武力向上はもちろん、農具や灌漑工事に使われることによって、飛躍的に作業効率を上げることができたようです。

f:id:kenkobit:20191031213338p:plain

 

 

文献的には5世紀半ばにはすでに日本の製鉄は始まっていたと考えられていますが、考古学的な確かな証拠があるものとしては吉備地方(岡山・広島の辺り)や出雲地方(島根県)の遺跡で、6世紀半ばの製鉄の痕跡が認められます。製鉄技術はその地方の国力を押し上げます。やはり、たたら製鉄で有名な古代の吉備地方と出雲地方は畿内の大和王権に並ぶほどのおおきな力を持っていたようです。吉備地方に関しては何度も反乱の鎮圧という名目で大和政権にその勢力を抑えつけられていました。前方後円墳も多数存在し、古墳の周りに並べられた埴輪も吉備地方から始まり広がったと考えられています。弥生時代後期から古墳時代にかけての吉備の文化の発信力は相当なものがあったことが想像できます。

 

日本の製鉄がどこでいつから始まったかを断定するのは今の科学ではまだまだ難しいようです。製鉄が行われていたとしても遺跡として跡が残っていない可能性もあるそうです。精製度の低い鉄器であればもっともっと前から鉄を作っていた可能性も考えられます。

その時々の製鉄技術がその地方の運命を決定づけていたのかもしれないと考えると製鉄に関する新しい発見や情報に出会うたびにワクワクしてしまいます。

 

たたら製鉄のニュースから古代の製鉄に思いをはせて、さらに学ばなければと思わせてもらえました。最後までお読みいただきありがとうございました!